今から便秘解消しましょう、妊娠する時に対して便秘改善方法

毎朝規律時間にトイレに行く習慣をつくる、働くをされている妊婦さんは時間に余裕を持って朝とは、朝食時に冷たい牛乳や無機物分が多い硬水を合わせて飲みます。朝食後は胃腸が刺激されて蠕動トレーニングが起こるので、その後トイレに行くようにすると排便が習慣化しやすくなります。

■食事の内容を見直す

つわりで食事の嗜好の変化がある時は無理をする必要はありませんが、食品の中でもなるべく精製されていない物を選ぶようにしましょう。

雑穀米・玄米・発芽米
ライ麦パン・雑穀パン

精製されていない食品には繊維質やミネラルが多く含まれているので、白米を玄米に変えるなど、主食を変えるだけで便秘が良くなったという妊婦さんは多くいます。

他に根菜類、豆類など食物繊維の多いものは便秘に良いのですが、それらは「不溶性食物繊維」と言われるものです。摂り過ぎるとガスが発生し、妊婦さんはお腹が苦しくなりやすいので、「水溶性食物繊維」が含まれる食べ物もバランスよく取りましょう。

■身体を温める

身体が冷えていると腸のぜんどうトレーニングが低下してしまうので、半身浴やフットバスなど身体を温めるのもおすすめです。

夏場になるとシャワーで済ませてしまう妊婦さんもいますが、のぼせない程度のお湯にゆっくり入り身体を温めましょう。